wicachi ~Windows好きなmicachiの日記~

weblogを再定義しつつ、自分のブログをIT関連の内容を中心にして作りあげていきたい。

Windows

広告
19 8

Windows 10はライセンス認証無しでも実は使える

win10 (1)
実はWindows 10においては、わざわざ有償のライセンス認証を実行する必要は無さそうです。(ライセンス無認証を勧めるものではありません。自己責任において実行してください。)
ライセンス認証が完了していなくても、コマンドをひとつ打つだけで通常ロックされているはずのパーソナル設定をいじれるようになります。
また、Windows 8.1までは30日制限がありましたが、これに関する記述はどこにも無く、期間による機能制限は無さそうです。(Insider Previewによるビルド利用期限を除く) 続きを読む »
17 8

GDIレンダリングが使えるChromiumブラウザ「Cent Browser」

Chrome 52以降ではDirectWriteが無効化出来ないのは以前にもお伝えしたとおりです。

Cent Browserは、Chrome本家よりも細かな所に配慮が行き届いているブラウザです。
Chromium 52系であるにも関わらずDirectWriteの無効化オプションが生き残っており、MacTypeオリジナルのレンダリングを引き続き利用することが出来る唯一の手段です。 

ダウンロード・インストールはこちら 続きを読む »
4 8

Windows 10 Anniversary UpdateでWindows Live Display Driverは非対応、先に削除しておこう

win10 (1)
友人のPCがこれでハマっていました。
Windows Live Display Driverを入れていると、Windows 10更新アシスタントを起動した時に、

ディスプレイ:このディスプレイには、Windows 10との互換性がありません。製造元に問い合わせてサポートを受けてください。

と出るようです。

簡単に問題を解決でき、解決した後でアップグレードを行うことができます。 続きを読む »
30 7

【まだ間に合う!急げ!】Windows 10無償アップグレード、日本時間今日19時まで!!

Windows 10 TH2のISOを利用した方法ではまだ可能です!
「Windows 10を入手する」アプリでは、「既に終わりました」 という表示がされるようですが、時計を少し弄って7/29にしてやれば、またカウントダウンの画面に戻って行えるはずです。
続きを読む »
25 7

MacTypeを入れたらWindowsがクラッシュした場合の対処

こちらは2016年8月2日配信以降のバージョンのWindows 10で発生する内容です。

原因はMacTypeに使用されているフォントレンダリングフック(横取り)ツールのバージョンが古く、新しいWindowsに対応していないために、横取りに失敗し続けるというものです。

こうなってしまった場合でも、落ち着けば対処出来ますので是非お試しください。  続きを読む »
21 7

Windows 10 RS1で従来の付箋アプリが削除・UWP化

【修正】UWP化されたことがあとで確認されましたので、記述を変更致します。

Windows アクセサリにVistaの頃から存在していた従来の「付箋」アプリが遂に消えました。
消えたことによって、アップグレードした後に付箋につけていた内容が読み取れなくなります。

付箋アプリを利用中の方は、RS1にアップグレードする前に、内容を別ファイルに移行してから、RS1以降にしてください。
新しいアプリは「Sticky Notes」という英名で存在していますので、そちらをご利用下さい。 
29 6

Build 14376でChromeの最大化が崩れる

Build 14376に更新してからというもの、またBuild 10041/10049あたりの頃のようにChromeが必要以上にはみ出して最大化されてしまう不具合が再発しています。

これを防ぐ方法は1つだけあります。
「以前のWindowsバージョンを指定する互換モード」の紹介を以前にもしましたが、これをWindows 7または8にすれば一時的に直ります。崩れる原因は「ウィンドウのボーダーの太さが細くなったこと」でありますが、付け焼刃的な対処で済ませて居たのでしょう。以前から時々Aeroスナップも崩れますし… 
23 6

Windows版Chrome内蔵Flashにおける文字がギザギザ・ガタガタする問題

現在Chrome 51正式版で起こっている現象です。
Flashの文字がこんな感じで非常に汚くなっています。
キャプチャ
続きを読む »
23 6

Windows 10 IP Build 14371リリース

今回もRS1に向けたバグ修正がメインのビルド配信です。
Fastには14371、Slowも14367に更新されたようです。

今回の目玉の内容は、「HomeからProへWindows ストアでアップグレードする等の後、構成を変えたりした時に認証が外れる・Homeエディションとしか認証されない問題の解決」です。

但しこちらの機能は、予めMicrosoft アカウントに対してログインをしておく必要がある様子です。
ログインをしておくことで、Microsoft アカウントに対してもデジタル認証の情報が紐付けられるため、マザーボードの交換などの場合でも、認証のトラブルシューティングを受けることが可能になったようです。最初からやれMS。

これで唯一の不安材料になっていた、Windows 7/8.1アップグレードの場合に認証が外れることの心配はだいぶ減るのでは無いのでしょうか…
20 6

Windows 10 Anniversary Update(バージョン1607、RS1)で何が変わるの?非IP向けに再解説!

Windows 10 Anniversary Updateがバージョン1607と仮確定したこともあり、来月頃まもなくCB正式版として登場することが明らかになっています!

今TH1やTH2を利用中の方は無料で機能向上アップグレードとしてWindows 10としては2度目のアップグレード提供になります!
※あまりおすすめはしませんが、Pro以上をお使いの方は今のバージョンのまま数ヶ月間保持することも選択できます。不都合な場合は、設定→更新とセキュリティ→Windows Update→アップグレードを延期するをオンにしてください。

非Insiderの方は特に、ユーザー目線でどのあたりが変わったのかを予習しておくことで、混乱せずに済ませることが出来るかもしれません。現時点で明らかになっている要素をピックアップしていきます。 続きを読む »
広告



記事検索