今回故障したのはWindows 7が出る1年前、Vistaの頃のノートPCです。
元々はVistaだったのですが、Windows 7にアップグレードし、理由があって8.1にしていました。
その後、昨年7/29初日にWindows 10に変更していました。

壊れたのはつい3日前、 2016/6/15(水)のこと。
【PCの操作や画面から分かる症状】
Windows 10を起動できずブルースクリーン。WinPEは何とか読み出せる模様だが、セーフモードを選択してもまたブルースクリーン。
UNMOUNTABLE_BOOT_VOLUME」というエラー表示。
これは「Windows 10が格納されているCドライブをマウント(認識)出来ない」というもの。

【PCの動作音等の所見・症状】
エラー内容から見るに、「HDDがどこか破損している」というのだけはわかった。
物理的故障・論理的故障を判別するため、動作音やアクセスランプから手始めに確認することに。

物理的故障:HDDのパーツの不具合による故障。交換するしかない。初期不良や経年劣化で増える。(→バスタブ曲線)
論理的故障:HDD内のデータが破損していることによる故障。再セットアップで直ることが多い。 

アクセスランプを見ると、少なくともWindows起動時は普段連続点灯しているのに1秒に3回程度短く付いては消えるのを繰り返していた。
また音を聞いても、普段ならば「ガリガリガリガリガリ…」と読み出している感満載な音を奏でていたのだが、症状が発生してからは「カリッ、カリッ、カリッ、」と一瞬鳴っては止み、一瞬鳴っては止み…を繰り返していたアクセスランプと同じ感じであった

【原因特定】
これらのことから原因は「HDDの物理的故障」であると判断。詳細な原因に関しては憶測の域を出ないが、不良セクタの増加によるデータ破損ではなく、「HDDの読み書きヘッドのズレ等による故障によって、データを読み出せなくなってしまった」という感じだろうと考えた。
まあ詳細な原因はともかく、PC購入から約7年経過しているため、HDDが故障するには十分な期間であろう

【修理】
原因が分かればこっちのもの。HDDを交換し、Windowsを再インストールするまでである。
…ところが今の御時世、SSDが馬鹿みたいに値段が下がった。元々積んでいたのは256GBのHDD。このPCは自分のではなく、あまり重い作業はしない(ブラウザとOfficeがあれば良い)人のPCなので、それで事足りていた。
さて、SSDの値段を見てみよう…、3年前購入した自分のIntel 335シリーズ 240GBが12000円ちょっとだったが、それよりはちょっと安いんだろうなあ…と考えていた。

この値段を見て驚いた。購入・執筆時点でたったの6780円
大事なことなので2度、たったの6780円である…!!

障害発生翌日の午前中に購入。購入した翌々日、故障してから3日目にはもう届いた。
早速交換してやると、無事SSDを認識。

【そしてWindows 10再インストール】
Windows 10のISOをUSBに書き込んでおいたものをPCに刺してブート。インストール作業自体はものの20分程度で終わってしまった。Windows 10+SSDよ、早すぎ。
更に今回は一度Windows 10にしているPCであり、HDD→SSDに変更した程度だったので、きちんとプロダクトキー無しでもデジタル認証が発行され、正規のWindows 10として扱われた

今更Windows 7を入れると時間がひたすら掛かって仕方がないが、Windows 10はこれでいいのかと言うくらいスムーズにセットアップが終わった

【総評】
今回のPCはスライド式指紋認証デバイスを積んでいるメーカー製ノートPCであったが、以前は認識されなかった。再インストール後には勝手にドライバが適用され、Windows Helloすらも使えるようになって笑ってしまった。

更に、SSDにした恩恵でメモリ2GB・Core 2 Duoという現行のスティック型PCと大きく変わらない性能しか無いPCであったため、HDD時代にはとにかく重くて重くて仕方が無かったのだが、SSDに変更してからサクサク動いてあと2年は行けそうな勢いである…
ちなみに、電源ボタンを押してからデスクトップが表示されるまでの起動時間は24秒HDD時代には1分を超えていたので、十分なスペックアップであろうと感じる。メモリ4GB+HDDより速いかも

故障していなくても、簡単に・安くスペックアップを図りたいなら、メモリよりもシステムドライブにSSDを選択するべきであると改めて実感。
その上でWindows 10でプロダクトキー無しで入れられることの楽さ、Windows Updateの手間の少なさ、Windows 10が持つ汎用性によってスムーズに実用環境を構築することができるということも実感した。 
まだシステムドライブにHDDを使っている方。もう今の時代は絶対にSSDですよ!