wicachi ~Windows好きなmicachiの日記~

weblogを再定義しつつ、自分のブログをIT関連の内容を中心にして作りあげていきたい。

2013年01月

広告
3 1

Xperia S XTXperience用音量30段階・スクロールキャッシュ無効化

有志の方が頑張って作成されたようです。

【ROM焼き】XperiaNX/S root3 779番さんに感謝!



!注意!

XTXperienceを使っていない方は適用しないでください!

使ってない方は別のファイルとなりますのでご注意を!

at your own risk(自己責任)でお願いします!



差し替えるファイルはこちらからDLしてください。

framework.jar(v2,v4,v6.1で動作確認済)

パスワード:NX/Sのコードネーム(アルファベット小文字)

(ヒント:新幹線)



※上記rootスレの779番はリネームの必要がありましたが

こちらでUPしたものはリネーム済のため必要ありません。



端末でDLするか、PCでDL後端末の内蔵ストレージにコピーしてください。

root取得していることを確認し、念のためCWMでBackup。

ESファイルマネージャーなどで/system/frameworkにコピー。

パーミッションが644になっていることを確認。

適用したら再起動。



以上でメディア音量30段階化とスクロールキャッシュ無効化されると思います。
3 1

Android版Flash Playerをインストールする方法

今年(2012年)8月15日以降Google Playストアから

Flash Playerのインストールが不可能になりました。

これによってソーシャルゲームや動画サイトなど

Android端末からアクセスしても表示できない場合が出てきます。



幸い、AndroidはiPhoneと違いストア以外から

インストールすることが可能です。(~Android4.0)

それを利用して、開発元であるAdobe(アドビ)は

公式サイトからのDLを出来るようにしています。



手順

1)Androidバージョンが分かっている場合は2へ進んでください。

設定→端末情報をタップ。Androidバージョンは何かチェックしておきます。

使えるのは2.2.x,2.3.x,3.x,4.0.xのいずれかである場合です。

xは適当な数字が入ります。該当しない場合は動作しません。

xが何であっても他の部分が一致していれば問題有りません。

2)(壱)2.2.x,2.3.x,3.xの場合

設定→アプリケーション→「提供元不明のアプリ」チェックをオン

(弐)4.0.xの場合

設定→セキュリティ→「提供元不明のアプリ」チェックをオン

3)Flashを表示出来ないAndroid端末からArchived Flash Player versions(Flash Playerの過去ログ)にアクセスします。英語だからってそっと閉じないで。慌てなければきっと分かるはず。

4)リンク先「Flash Player for Android~」の部分を探して見つけてください。やや下側です。

(壱)2.2.x,2.3.x,3.xの場合

「Flash Player 11.1 for Android 2.x and 3.x」の一番上をタップしてDLしてください。

(弐)4.0.xの場合

「Flash Player 11.1.for Android 4.0」の一番上をタップしてDLしてください。

5)DL完了したら上から通知を表示してダウンロード完了のところをタップ。

6)インストールをタップ。完了しましたの表示が現れたら完了をタップ。

7)ブラウザ開いてみてチェック。



この方法で動画サイト、mogg、ブーシュカ、その他ソーシャルゲームが

正常に遊べるようになるはずです。

万が一表示出来ませんでしたらコメントをお願いします。
3 1

[追記]Xperia NXにスモールアプリ入れてみた

手順は次の通り。スモールアプリ追加による変更が若干あります。

1)システムバージョンが6.1.A.2.50であるかチェック

→違ったら6.1.A.2.50を焼く(Wipe無しOK)

問題なければ2から 但しCWMを導入していないなら2も

http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=1911630

2)一度root取り直して(ICSacro HD用ほぼワンクリツール)、CWM導入し直します。

3)http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=1931325

ここにあるXTXperience v2をDL、内蔵ストレージにZIPのままコピーします。(4shared要登録)

CWMを起動し、このZIPを適用します。

4)ブートアニメが変わりますが(゚ε゚)キニシナイ!! それとrootがまた外れるので再取得。CWMも。

5)http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=1931325

いよいよスモールアプリ導入。ここからPart0~3をDL。

CWMからPart0だけZIP適用。Advancedメニューからdelvik cacheを削除。

完了したら一度通常起動。

6)バグってポリシー違反だの出ますが、

正しくは○個中○個のアプリを最適化していますのメッセージですのでまたまた(゚ε゚)キニシナイ!!

7)ロック画面(ロック無しならホーム画面)になったら電源+音量↑長押しで強制終了する。

8)CWMをもう一度起動→Part1,2,3を続けて入れて大丈夫です。

9)Lacky PatcherとTitaniumBackupを併用していた場合はESファイルマネージャーなどで

/sdcard/data/lucky patcherを削除。

10)通常起動してあとは通常のroot化後の作業をしてください。



これで使えると思います。

ホーム長押しから使えるので素早く必要な機能が呼び出せます。

機能:電卓、タイマー(1分区切り23時間59分まで)、メモ、マイク録音

Part3を導入した場合上記に加えミラー、単位通貨変換

これは特にmoggの鉄人の回数計算に使えそう。(どうでもいい)

ミラーアプリはインカメラを利用した鏡みたいなアプリ。女性向けかも。
3 1

Xperiaエリア連動Wi-Fiの挙動

Xperia AXが発表されましたね



AXに搭載される予定のエリア連動Wi-Fiですが、

グローバルモデルであるXperia Tに既に搭載されています



今回はその部分をXperia SのROMを焼いたNXに導入してみました

スモールアプリを導入したら使えるようになってた



エリア連動Wi-Fiは設定の1つに組み込まれます

この機能をオンにするには自宅などの

普段Wi-Fiで使用する場所でやってください



普通にWi-Fiをオンにして、

続いてエリア連動Wi-Fiをオンにするだけ。

後は約30秒ほどで設定完了!



それからメニューキーを押すと省電力効果というメニューがありますのでそれを大にしたほうが良いでしょう

通常はエリア(周辺1km)に入った時にWi-Fiオン

大は通常の動作に加えエリア内でもWi-Fiが届かなければオフ



これらは画面オンにした時のみ動作します

電池消費量はほぼ0なので心配無用です

エリア内にいれば自宅でなくとも一瞬Wi-Fiオンになりますがあっという間に消えてくれます

まぁ良い所なのではないのでしょうか
3 1

「docomo Wi-Fi」条件付きで永年無料キャンペーン

まずはdocomo Wi-Fiについてはこちら。

docomo Wi-Fiサービス案内ページ



docomo Wi-Fiは本来は315円/月かかるのですが

パケットの逼迫の状況もあってか一部の人に対して無料にしたようです。



SPモード・mopera U(スタンダードプランのみ)を利用している人でかつ

(1)Xi→Xiパケ・ホーダイ フラット、Xiパケ・ホーダイ ライト(10/1開始)、

Xiデータプラン フラット にねん(10/1開始)、Xiデータプラン フラット、

Xiデータプラン ライト にねん(10/1開始)

FOMA→パケ・ホーダイ フラット

らくらくスマートフォン→らくらくパケ・ホーダイ

のいずれかの定額サービスに加入していること

(2)docomo Wi-Fiの申し込みをしていること

上記(1)と(2)を両方満たしている人が対象になります。



適用期間:2012年9月1日(土)~2014年3月31日(月)

適用期間の間に上記(1)(2)を満たしていれば期間終了後も

継続して(1)(2)を満たしている間は無料になります。



ここで注意!

・対象のパケット定額サービスを利用していてもdocomo Wi-Fiの

 利用申し込みをしていなければ使えません!

 使うためにMy docomoやドコモショップで利用申し込みをしましょう。

・My docomoでの申し込み時315円/月と表示されますが

 対象の定額サービスを利用していれば問題ありません。

 心配なら申し込んで翌日請求内容を見て割引されているかチェックしましょう。



申し込んで即日使えるようになります。

docomoのスマートフォンをお持ちの方はこのアプリをDLしておきましょう。



2012年5月までに発売されたdocomoスマートフォン用

docomo Wi-Fiかんたん接続(Google Play)



2012年6月以降発売のdocomoスマートフォン用

docomo Wi-Fiかんたん接続(12夏モデル以降版)(Google Play)



このアプリの使い方は

①DL後開いて利用規約に同意する。

XiFOMAに接続していることを確認する。

(家庭内のWi-Fiに接続している場合はOFFにしてください)

③案内にしたがって自動設定する。

④ウィジェットをホームに設置する。

⑤(利用時)ウィジェットをタップして数十秒待つ。自動的に接続完了する。



速度は申し分なくFOMA回線の人は特に恩恵を受けそう。
3 1

Android4.1以降Flashサポート無しが確定

米AdobeはAndroid4.1以降Flashのサポートはしないと再発表した。

また、8月15日以降Android2.2~4.0であっても新規インストールが出来なくなる。



4.1以上へアップデートする際、先にアンインストールすることを推奨しており、

残したままアップデートした場合もその動作を保証しない。
3 1

GingerBread(2.3.x)とIceCreamSandwich(4.0.x)の違い

Xperia NXをS化してdocomoのアップデート待ちの人より

一足先にICS(Android4.0系)にして楽しんでいます



便利だと思う新機能



  • フェイスアンロック(顔認識)




これは従来のパターン、PIN、パスワード等によるロックの代わりに

使用することが可能。認識できない場合はPINやパターンを利用する。



  • ホームキー長押し「最近使ったアプリ」




同名の機能がGB(2.3)にも有りましたが機能が追加。

アプリの動作中画面のサムネイル表示に加え、

それを左右にスライドすることによってタスク終了することが出来る。



  •  今までこれだけの為にタスクキラーアプリ使ってた人はこれから不要。


  • 標準ブラウザが大きく改変・改良




今まで極めて使いづらくブラウザ系アプリ入れてたがこれも不要に。

検索結果のプリレンダリング、ハードウェアアクセラレーション、シークレットモードの追加、タブ機能の改良などなど…



  • ギャラリーの名称変更・改良




ギャラリーは「アルバム」「ムービー」に変更。

もしかしたら、この辺はXperia特有かもしれません。



  • GmailのUI改良


  • アプリデータ含むバックアップ機能


  • データ使用量の計測・表示・警告・オプションでの3G自動停止


  • 自動画面OFF時のロック状態移行時間設定追加




GB(2.3)時は画面が消えてから5秒程度経つと

自動でロックされてしまうという人によっては煩わしかった点が解消。

設定はすぐ、5秒、15秒、30秒、1分、2分、5分、10分、30分から選択。



  • 電源ボタンでロック設定




これをオンにすると電源ボタンを押した時に限り

ロック移行時間設定に関わらず即ロック。



  • デュアルコアCPUの動作最適化




これはシングルコアCPUには関係の無いことだが

デュアルコアなら性能UP、電池の持ちが若干良くなる。



  • ブラウザ以外の2Dハードウェアアクセラレーション(オプション)




ハードウェアアクセラレーションを利用することにより

一部のデバイスでは性能が向上する。

性能が低下する場合もあるのでその場合は解除推奨。



【気になる点】



  • 設定の画面構成変更




今まで覚えていた設定のたどり着き方が通用せず、

一から探すことが多々ある。



これくらいでしょうかねぇ~

快適すぎるほどですね

多少設定で探すことは有っても他の機能が捨てがたいので

本当にGB(2.3)に戻す理由が見つかりません!



さらなる変更点に気が付き次第追記します。
3 1

Xperia NX root化のやり方が判明

本記事はroot化を勧める記事ではありませんので

root化したことによる損害について一切責任を負いません。



参考:2ch 【ROM焼き】Xperia NX/S root1

(暫くすると2以降のレスが表示されなくなるのでその場合はタイトルで検索)

http://anago.2ch.net/test/read.cgi/smartphone/1340367628/



参考:「XperiaにおけるAndroidアプリ考察」内記事

http://xperia-freaks.org/2012/06/23/so02d-ics-rooted/



試しにやってみたら難なくroot化・フォントの変更が出来ました。

この手法ですと、最終的にS用のICSとなります。

そのため、良くも悪くもdocomoアプリが

使えない場合があったり対策が必要だったりです。



また、root化は保証外の行為になりますので

メインでお使いの方は特にご注意願います。

念のためもう一度書きますが

本記事はroot化を勧める記事ではありませんので

root化したことによる損害について一切責任を負いません。
3 1

Xpera NX(SO-02D)の2012年

Xperia NXは発売したのが2012/2/24。色はBlackとWhiteの2種類。

自分は2012/3/11にBlackを購入。

暫くは慣れるためにdocomo版2.3のまま使用。

2012/3下旬頃 ギャラリーがあまりにも使いにくかったのでQuickPic利用開始。

2012/4/12 ギャラリーの表示破損問題解消するがもう意味なし。

2012/5/15 充電開始されないことがある不具合修正。

だが、ゲームをした後放置するとシャットダウン多発し始める。

2012/6/21 海外版(LT26i)のICSアップデート開始。

初期化&ROM焼きを試みる。中華フォント我慢。

2012/6/22 ROM焼きスレで2.3仕込み→4.0root方法が確立。

再び初期化してroot取得。フォントをモトヤマルベリに。

2012/6下旬 当時実のところよく分からずCWM導入。

2012/7  とりあえずCWMから通知領域トグル導入。

2012/8下旬 XTXperience v2導入。

2012/10/15 この頃になるとほぼ完全にCWMの必要性を理解。

スモールアプリ導入。エリア連動Wi-Fiも付いてきた。()

2012/11上旬 Du@lCore ROM v9導入。これはこれで良かった。

Nova Launcherに移行。

2012/11中旬 XTXperience v4導入。

2012/11/27 docomo版ICSアップデート開始。今更過ぎて意味なし。

2012/11下旬 XTXperience v6.1導入。

2012/12/11 XTXperience v7導入。

2012/12中旬 モトヤマルベリ→メイリオUIにフォント変更。



ブートローダーアンロックは無理ですが

無理なら無理なりにカスタムしまくった感じがします。

来年は4.1(JB)アップデートが4月頃に提供予定となってますので

そのカスタムが進みそうです。
3 1

Google Play Music~続~

Google Play Musicのクラウド保存サービスを使っているうちに

その強みや弱点が分かって来ました。



非常に良いところは◎、普通に良いところは○、いまいちなのは△

非常に使いづらい、もしくは不便なところは×として記載します。



◎Androidのストレージ(記憶領域)が少なくてもそれに縛られない

◎上に関連してストレージが多くても容量を節約できる。

◎PC等認証した機器10台までなら利用できる(同時利用不可)。

◎Androidの場合、メーカー製等のサウンドエフェクト機能が利用可。

→例えばSONY(Sony Ericsson)製のイコライザ等が使える。

◎設定から常にストリーミングを最高音質にすることも出来る。

デフォルトでは通信容量節約のためある程度音質を落とす。

◎3G(FOMA)でも音楽再生には支障はほぼ無い。

○一部ストレージに保存していてもほぼ区別無く再生できる。

○アルバム内での曲間の切り替わりがストリーミングでもスムーズ。

→これはプリロードしていることによる。1曲目の途中でも2曲目ロード。

○キャッシュ機能により通信容量の削減。設定から無効にも出来る。

○取り込みが簡単。PCからアプリを使い連動するかフォルダ指定するだけ。

○ジャケット写真等失われないで表示。AACにも対応。

○自分でDLして常にオフラインで再生することも可能。

→特にお気に入りの曲など圏外でも確実に再生したい場合活用できる。

○ぶっちゃけWalkmanアプリよりタスクキルされなくて良い。

→これされると曲終わって次の曲に移らないんだよね…

△3G(FOMA)だとストリーミングに帯域を取られ同時にブラウザはややキツイ。

△LTEの方は特に通信量が増えすぎてよく聞く人は

制限に引っかかるようになるかも。

△ストリーミングの場合ごくまれに再生エラーが表示される。

諦めて他の曲を聞くか繰り返し再生を押すしか無い。時間経てば直る。

×曲情報をAndroidから編集できない。現状PCブラウザからのみ。



はっきり言います。

Xperia NX(SO-02D)はストレージ32GB(実質27G程度)と非常に大きいです。

普通に使う人ならこんなことをしなくとも大抵足ります。

しかしROM焼きやCWMBackup用の容量をかなり確保しなければならず、

「音楽」というものに専有されたくなかったのです。

実際移行前は5GB程度音楽で使われていました。

CWMBackupでは一回当たり1.5GB位?使います。

しかもTitanium Backupも…

自分は空き容量50%以上保ちたいと思っていましたので導入しました。



今はScan&Matchの影響か、

登録にはクレジットカードの番号が必須となっているようです。

先に済ませた方は要りません。

早く日本で始まって欲しいサービスです。

どうせカスラックのせいで駄目サービスになってしまうんだろうけど
広告



記事検索