wicachi ~Windows好きなmicachiの日記~

weblogを再定義しつつ、自分のブログをIT関連の内容を中心にして作りあげていきたい。

広告
3 1

GingerBread(2.3.x)とIceCreamSandwich(4.0.x)の違い

Xperia NXをS化してdocomoのアップデート待ちの人より

一足先にICS(Android4.0系)にして楽しんでいます



便利だと思う新機能



  • フェイスアンロック(顔認識)




これは従来のパターン、PIN、パスワード等によるロックの代わりに

使用することが可能。認識できない場合はPINやパターンを利用する。



  • ホームキー長押し「最近使ったアプリ」




同名の機能がGB(2.3)にも有りましたが機能が追加。

アプリの動作中画面のサムネイル表示に加え、

それを左右にスライドすることによってタスク終了することが出来る。



  •  今までこれだけの為にタスクキラーアプリ使ってた人はこれから不要。


  • 標準ブラウザが大きく改変・改良




今まで極めて使いづらくブラウザ系アプリ入れてたがこれも不要に。

検索結果のプリレンダリング、ハードウェアアクセラレーション、シークレットモードの追加、タブ機能の改良などなど…



  • ギャラリーの名称変更・改良




ギャラリーは「アルバム」「ムービー」に変更。

もしかしたら、この辺はXperia特有かもしれません。



  • GmailのUI改良


  • アプリデータ含むバックアップ機能


  • データ使用量の計測・表示・警告・オプションでの3G自動停止


  • 自動画面OFF時のロック状態移行時間設定追加




GB(2.3)時は画面が消えてから5秒程度経つと

自動でロックされてしまうという人によっては煩わしかった点が解消。

設定はすぐ、5秒、15秒、30秒、1分、2分、5分、10分、30分から選択。



  • 電源ボタンでロック設定




これをオンにすると電源ボタンを押した時に限り

ロック移行時間設定に関わらず即ロック。



  • デュアルコアCPUの動作最適化




これはシングルコアCPUには関係の無いことだが

デュアルコアなら性能UP、電池の持ちが若干良くなる。



  • ブラウザ以外の2Dハードウェアアクセラレーション(オプション)




ハードウェアアクセラレーションを利用することにより

一部のデバイスでは性能が向上する。

性能が低下する場合もあるのでその場合は解除推奨。



【気になる点】



  • 設定の画面構成変更




今まで覚えていた設定のたどり着き方が通用せず、

一から探すことが多々ある。



これくらいでしょうかねぇ~

快適すぎるほどですね

多少設定で探すことは有っても他の機能が捨てがたいので

本当にGB(2.3)に戻す理由が見つかりません!



さらなる変更点に気が付き次第追記します。
3 1

Xperia NX root化のやり方が判明

本記事はroot化を勧める記事ではありませんので

root化したことによる損害について一切責任を負いません。



参考:2ch 【ROM焼き】Xperia NX/S root1

(暫くすると2以降のレスが表示されなくなるのでその場合はタイトルで検索)

http://anago.2ch.net/test/read.cgi/smartphone/1340367628/



参考:「XperiaにおけるAndroidアプリ考察」内記事

http://xperia-freaks.org/2012/06/23/so02d-ics-rooted/



試しにやってみたら難なくroot化・フォントの変更が出来ました。

この手法ですと、最終的にS用のICSとなります。

そのため、良くも悪くもdocomoアプリが

使えない場合があったり対策が必要だったりです。



また、root化は保証外の行為になりますので

メインでお使いの方は特にご注意願います。

念のためもう一度書きますが

本記事はroot化を勧める記事ではありませんので

root化したことによる損害について一切責任を負いません。
3 1

Xpera NX(SO-02D)の2012年

Xperia NXは発売したのが2012/2/24。色はBlackとWhiteの2種類。

自分は2012/3/11にBlackを購入。

暫くは慣れるためにdocomo版2.3のまま使用。

2012/3下旬頃 ギャラリーがあまりにも使いにくかったのでQuickPic利用開始。

2012/4/12 ギャラリーの表示破損問題解消するがもう意味なし。

2012/5/15 充電開始されないことがある不具合修正。

だが、ゲームをした後放置するとシャットダウン多発し始める。

2012/6/21 海外版(LT26i)のICSアップデート開始。

初期化&ROM焼きを試みる。中華フォント我慢。

2012/6/22 ROM焼きスレで2.3仕込み→4.0root方法が確立。

再び初期化してroot取得。フォントをモトヤマルベリに。

2012/6下旬 当時実のところよく分からずCWM導入。

2012/7  とりあえずCWMから通知領域トグル導入。

2012/8下旬 XTXperience v2導入。

2012/10/15 この頃になるとほぼ完全にCWMの必要性を理解。

スモールアプリ導入。エリア連動Wi-Fiも付いてきた。()

2012/11上旬 Du@lCore ROM v9導入。これはこれで良かった。

Nova Launcherに移行。

2012/11中旬 XTXperience v4導入。

2012/11/27 docomo版ICSアップデート開始。今更過ぎて意味なし。

2012/11下旬 XTXperience v6.1導入。

2012/12/11 XTXperience v7導入。

2012/12中旬 モトヤマルベリ→メイリオUIにフォント変更。



ブートローダーアンロックは無理ですが

無理なら無理なりにカスタムしまくった感じがします。

来年は4.1(JB)アップデートが4月頃に提供予定となってますので

そのカスタムが進みそうです。
3 1

Google Play Music~続~

Google Play Musicのクラウド保存サービスを使っているうちに

その強みや弱点が分かって来ました。



非常に良いところは◎、普通に良いところは○、いまいちなのは△

非常に使いづらい、もしくは不便なところは×として記載します。



◎Androidのストレージ(記憶領域)が少なくてもそれに縛られない

◎上に関連してストレージが多くても容量を節約できる。

◎PC等認証した機器10台までなら利用できる(同時利用不可)。

◎Androidの場合、メーカー製等のサウンドエフェクト機能が利用可。

→例えばSONY(Sony Ericsson)製のイコライザ等が使える。

◎設定から常にストリーミングを最高音質にすることも出来る。

デフォルトでは通信容量節約のためある程度音質を落とす。

◎3G(FOMA)でも音楽再生には支障はほぼ無い。

○一部ストレージに保存していてもほぼ区別無く再生できる。

○アルバム内での曲間の切り替わりがストリーミングでもスムーズ。

→これはプリロードしていることによる。1曲目の途中でも2曲目ロード。

○キャッシュ機能により通信容量の削減。設定から無効にも出来る。

○取り込みが簡単。PCからアプリを使い連動するかフォルダ指定するだけ。

○ジャケット写真等失われないで表示。AACにも対応。

○自分でDLして常にオフラインで再生することも可能。

→特にお気に入りの曲など圏外でも確実に再生したい場合活用できる。

○ぶっちゃけWalkmanアプリよりタスクキルされなくて良い。

→これされると曲終わって次の曲に移らないんだよね…

△3G(FOMA)だとストリーミングに帯域を取られ同時にブラウザはややキツイ。

△LTEの方は特に通信量が増えすぎてよく聞く人は

制限に引っかかるようになるかも。

△ストリーミングの場合ごくまれに再生エラーが表示される。

諦めて他の曲を聞くか繰り返し再生を押すしか無い。時間経てば直る。

×曲情報をAndroidから編集できない。現状PCブラウザからのみ。



はっきり言います。

Xperia NX(SO-02D)はストレージ32GB(実質27G程度)と非常に大きいです。

普通に使う人ならこんなことをしなくとも大抵足ります。

しかしROM焼きやCWMBackup用の容量をかなり確保しなければならず、

「音楽」というものに専有されたくなかったのです。

実際移行前は5GB程度音楽で使われていました。

CWMBackupでは一回当たり1.5GB位?使います。

しかもTitanium Backupも…

自分は空き容量50%以上保ちたいと思っていましたので導入しました。



今はScan&Matchの影響か、

登録にはクレジットカードの番号が必須となっているようです。

先に済ませた方は要りません。

早く日本で始まって欲しいサービスです。

どうせカスラックのせいで駄目サービスになってしまうんだろうけど
3 1

Google Play Music利用開始してみた

Androidに関わるネタってことでテーマ設定はAndroid。



Google Play Music(旧Google Music)とは、

簡単に言うとクラウドの音楽保存再生サービスです。

1つのGoogleアカウントにつき保存できる曲数はなんと2万曲!

(1曲あたりの時間制限はほぼ無し。100分前後のファイルもOKでした)

PC、Androidから10台までの認証式です。(とは言え認証操作不要です)

Androidは公式アプリから利用できます。(Google Play ミュージックで検索)



利用開始にはGoogle アカウント(日本アカウントでも可)が必要です。

しかし、初回のみPCからアメリカからのアクセスとして

偽装する必要があるようです。

やり方はアメリカのプロキシを設定してGoogleにログインして

Google Play Musicにアクセスするだけ。

ページが出たらあとはプロキシ解除(ここ忘れるな!)

あとはPCアプリケーションをDLして音楽フォルダを指定します。

暫くの間は自動的に音楽ファイルのUP作業が行われます。

詳しいのは他で結構乗ってるのであとは割愛。



現状、スマホで音楽再生することがほとんどで、

つい最近まではスマホの内部ストレージに全て保存してましたが

28GBのうちの4GBと大きく場所を取って邪魔だったので

いっそのこと外部において聴くたびにストリーミングさせようということで。



現在は大満足です。スマホとPCブラウザの同時再生も可能でした。
広告



記事検索