wicachi ~Windows好きなmicachiの日記~

weblogを再定義しつつ、自分のブログをIT関連の内容を中心にして作りあげていきたい。

広告
3 1

Xperia S(ICS) Communicase導入

通常Communicaseは入りませんが…

root取って作業すればWi-Fi含め全機能を使うことが出来ます!



※先にroot奪取、

ESファイルエクスプローラーインストール(以下ESマネージャーと表記します)、ESマネージャーの設定のルートオプションからルートエクスプローラをオン、同時にファイルシステムをマウントしてください。

(てか済んでる人の方が多いと思うけど一応)

※at your own risk(自己責任)

作業前にCWMのバックアップを推奨します。



①面倒・手早く進めたい方へ

(NX偽装済んでる方はスキップ可、分からない方はとにかくやる!)

Xperia S(6.1.A.2.50)NX偽装build.prop(パスワード 無し)

これをESマネージャーで

/system/

にコピーしてパーミッション644にしてください。

ちなみに他のシステムver.でもICSである限り使えますが

本体情報表示がSO-02Dの6.1.A.2.50になります。

これでGoogle PlayストアのアクセスはNXからと見なされ

アプリインストール可になります。





libdaaCrypto.so、docomoAccountAuthenticator.apk、

DcmWapPushHelper.apk、WAPPushManager.apk

これら4つを上記リンクからDLしてください。

(パスワード NX/Sのコードネーム。ヒントは新幹線。)

端末本体でDLするかPCでDLした後

端末本体の任意の場所にコピーしておいてください。



③再びESマネージャーで

libdaaCrypto.soを/system/lib/に、

あとの3つは/system/app/にコピーしてください。

全てパーミッション644にしてください。

ブートループに陥らないとは思いますが正しく動作しません。



 



④再起動して正常起動したら

Google PlayストアからCommunicaseを通常どおりインストール。



⑤通常通りCommunicaseの設定するとWi-Fi含め@docomo.ne.jpの

送受信が可能であることが確認できると思います。



※もしダメな場合、以下も試してみてください。

先ほどDLした4つのうち末尾が「.apk」となっているファイルを

ESマネージャーでタップして開きます。

すると「システムアプリですが上書きしてOK?」と聞かれます。

OKを押しインストールしてください。

上記の手順でapkファイル3つ上書きしてみてください。

また、Wi-Fi通信になっていないことも確認してください。

またシステム起動直後や、3G切り替え直後は

設定が出来ない場合がありますので数分待ってから作業を試してください。



起動して設定が済んだら快適なCommunicaseが使えます。

SPモードメールなんて嫌という方試してみては?

(参考:作業時間20分~)
3 1

Xperia S XTXperience用音量30段階・スクロールキャッシュ無効化

有志の方が頑張って作成されたようです。

【ROM焼き】XperiaNX/S root3 779番さんに感謝!



!注意!

XTXperienceを使っていない方は適用しないでください!

使ってない方は別のファイルとなりますのでご注意を!

at your own risk(自己責任)でお願いします!



差し替えるファイルはこちらからDLしてください。

framework.jar(v2,v4,v6.1で動作確認済)

パスワード:NX/Sのコードネーム(アルファベット小文字)

(ヒント:新幹線)



※上記rootスレの779番はリネームの必要がありましたが

こちらでUPしたものはリネーム済のため必要ありません。



端末でDLするか、PCでDL後端末の内蔵ストレージにコピーしてください。

root取得していることを確認し、念のためCWMでBackup。

ESファイルマネージャーなどで/system/frameworkにコピー。

パーミッションが644になっていることを確認。

適用したら再起動。



以上でメディア音量30段階化とスクロールキャッシュ無効化されると思います。
3 1

Android版Flash Playerをインストールする方法

今年(2012年)8月15日以降Google Playストアから

Flash Playerのインストールが不可能になりました。

これによってソーシャルゲームや動画サイトなど

Android端末からアクセスしても表示できない場合が出てきます。



幸い、AndroidはiPhoneと違いストア以外から

インストールすることが可能です。(~Android4.0)

それを利用して、開発元であるAdobe(アドビ)は

公式サイトからのDLを出来るようにしています。



手順

1)Androidバージョンが分かっている場合は2へ進んでください。

設定→端末情報をタップ。Androidバージョンは何かチェックしておきます。

使えるのは2.2.x,2.3.x,3.x,4.0.xのいずれかである場合です。

xは適当な数字が入ります。該当しない場合は動作しません。

xが何であっても他の部分が一致していれば問題有りません。

2)(壱)2.2.x,2.3.x,3.xの場合

設定→アプリケーション→「提供元不明のアプリ」チェックをオン

(弐)4.0.xの場合

設定→セキュリティ→「提供元不明のアプリ」チェックをオン

3)Flashを表示出来ないAndroid端末からArchived Flash Player versions(Flash Playerの過去ログ)にアクセスします。英語だからってそっと閉じないで。慌てなければきっと分かるはず。

4)リンク先「Flash Player for Android~」の部分を探して見つけてください。やや下側です。

(壱)2.2.x,2.3.x,3.xの場合

「Flash Player 11.1 for Android 2.x and 3.x」の一番上をタップしてDLしてください。

(弐)4.0.xの場合

「Flash Player 11.1.for Android 4.0」の一番上をタップしてDLしてください。

5)DL完了したら上から通知を表示してダウンロード完了のところをタップ。

6)インストールをタップ。完了しましたの表示が現れたら完了をタップ。

7)ブラウザ開いてみてチェック。



この方法で動画サイト、mogg、ブーシュカ、その他ソーシャルゲームが

正常に遊べるようになるはずです。

万が一表示出来ませんでしたらコメントをお願いします。
3 1

[追記]Xperia NXにスモールアプリ入れてみた

手順は次の通り。スモールアプリ追加による変更が若干あります。

1)システムバージョンが6.1.A.2.50であるかチェック

→違ったら6.1.A.2.50を焼く(Wipe無しOK)

問題なければ2から 但しCWMを導入していないなら2も

http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=1911630

2)一度root取り直して(ICSacro HD用ほぼワンクリツール)、CWM導入し直します。

3)http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=1931325

ここにあるXTXperience v2をDL、内蔵ストレージにZIPのままコピーします。(4shared要登録)

CWMを起動し、このZIPを適用します。

4)ブートアニメが変わりますが(゚ε゚)キニシナイ!! それとrootがまた外れるので再取得。CWMも。

5)http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=1931325

いよいよスモールアプリ導入。ここからPart0~3をDL。

CWMからPart0だけZIP適用。Advancedメニューからdelvik cacheを削除。

完了したら一度通常起動。

6)バグってポリシー違反だの出ますが、

正しくは○個中○個のアプリを最適化していますのメッセージですのでまたまた(゚ε゚)キニシナイ!!

7)ロック画面(ロック無しならホーム画面)になったら電源+音量↑長押しで強制終了する。

8)CWMをもう一度起動→Part1,2,3を続けて入れて大丈夫です。

9)Lacky PatcherとTitaniumBackupを併用していた場合はESファイルマネージャーなどで

/sdcard/data/lucky patcherを削除。

10)通常起動してあとは通常のroot化後の作業をしてください。



これで使えると思います。

ホーム長押しから使えるので素早く必要な機能が呼び出せます。

機能:電卓、タイマー(1分区切り23時間59分まで)、メモ、マイク録音

Part3を導入した場合上記に加えミラー、単位通貨変換

これは特にmoggの鉄人の回数計算に使えそう。(どうでもいい)

ミラーアプリはインカメラを利用した鏡みたいなアプリ。女性向けかも。
3 1

Xperiaエリア連動Wi-Fiの挙動

Xperia AXが発表されましたね



AXに搭載される予定のエリア連動Wi-Fiですが、

グローバルモデルであるXperia Tに既に搭載されています



今回はその部分をXperia SのROMを焼いたNXに導入してみました

スモールアプリを導入したら使えるようになってた



エリア連動Wi-Fiは設定の1つに組み込まれます

この機能をオンにするには自宅などの

普段Wi-Fiで使用する場所でやってください



普通にWi-Fiをオンにして、

続いてエリア連動Wi-Fiをオンにするだけ。

後は約30秒ほどで設定完了!



それからメニューキーを押すと省電力効果というメニューがありますのでそれを大にしたほうが良いでしょう

通常はエリア(周辺1km)に入った時にWi-Fiオン

大は通常の動作に加えエリア内でもWi-Fiが届かなければオフ



これらは画面オンにした時のみ動作します

電池消費量はほぼ0なので心配無用です

エリア内にいれば自宅でなくとも一瞬Wi-Fiオンになりますがあっという間に消えてくれます

まぁ良い所なのではないのでしょうか
広告



記事検索